配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター」

配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター」とは

NMRパイプテクター

NMRパイプテクター

赤水で、お困りではありませんか?

配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター」は、配管内の赤サビを黒サビに変えることにより、配管内の腐食を防止し、赤錆閉塞の解消、赤水防止、漏水防止などの効果が見込めます。

病院・学校・集合住宅などの給水・給湯・空調冷温水管で効果を発揮しています!

2020年3月現在、4,200棟以上の導入実績があります。

コラム

既存の配管寿命を建物寿命まで延命するには?

既存の配管寿命を建物寿命まで延命するには、配管内に発生している赤錆を流さずに黒錆化すれば配管寿命は建物寿命まで延命できます。 配管寿命を延命させる際に、配管洗浄やサンドプラストで赤錆を除去する手法だと配管内まで傷つけてしまい、配管の強度を低下させてしまいます。 当社の配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター®」であれば、配管内の水に直接触れる事なく、赤錆を黒錆化させることができます。

建物が長寿命化するのに対し、給水配管(ビニールライニング鋼管)、空調冷温水配管(亜鉛メッキ鋼管)などの配管寿命は建物寿命の半分以下です。 配管内は普段目にすることがないため、気づかないうちに配管内の赤錆劣化が進行しています。 古い配管をそのまま継続して使用し続ければ、配管内の赤錆腐食が進行し、後に赤水や漏水というあらゆる配管問題を引き起こします。

当社の配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター®」はNMR(核磁気共鳴)を利用することで配管内の赤錆劣化を防止し、さらには配管の更生・強化をすることができます。 NMRパイプテクター®は配管内に発生する赤錆を、水に溶けず不動態の黒錆に還元することができます。 黒錆は赤錆に比べ体積が10分の1のため、赤錆を黒錆に変化させることで配管内の赤錆閉塞を改善していきます。 給水配管(ビニールライニング鋼管)や空調冷温水配管(亜鉛メッキ鋼管)などの配管内の赤錆防止や、配管更生・強化にはNMRパイプテクター®が最適といえます。 NMRパイプテクター®を導入することで、既存の配管を建物寿命と同じ期間まで外部腐食がない限り、活用することができます。 また、それにより配管更新も必要なくなります。

掲載元:日本システム企画株式会社 コラム#05「既存の配管寿命を建物寿命まで延命するには?」


お客様の配管の「耐震強度」は大丈夫ですか?
配管は経年劣化をしています

写真内①の「築10年未満」の配管継手部の赤錆閉塞とネジ山の状態に比べ、②の「築20年経過」の配管継手部の赤錆閉塞とネジ山の劣化は大きく進んでいます。 しかし、建物の外観からはこのネジ山の腐食劣化の状況は分かりません。 このように気づかないところでネジ山の腐食劣化が進行していくと、地震時などの衝撃により管が外れ漏水の原因となります。 当然、大きい地震が発生すると1つの建物内の複数箇所で漏水が発生する可能性が高くなり、これはとても危険な状態と言えます。

配管の耐震強度を維持するためには、ネジ山が赤錆劣化で減少してしまう前に、配管内の防錆処理を行う必要があります。 当社の配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター®」は、配管内の赤錆を黒錆に還元することで、配管内のあらゆる赤錆問題を改善することができます。 防錆効果だけでなく、赤錆が黒錆に変化することで配管内はより強化され更生することができます。 お客様の安全のために、いつどんな時でも地震に供えられるよう、今一度建物の配管の耐震強度を再確認し、少しでも早い対処が得策です。

掲載元:日本システム企画株式会社 コラム#10「お客様の配管の耐震強度は大丈夫ですか?配管は経年劣化をしています」


より詳しい製品紹介はメーカーサイトをご確認ください。

日本システム企画株式会社 配管内の赤錆防止装置「NMRパイプテクター」

日本システム企画株式会社